本文へ移動

事業案内

医薬用水製造装置、医薬用品調製装置の設計、製作

医薬品の製造に欠かせない製薬用水製造設備や調製設備をお客様のニーズに併せてご提案し、設計・製作いたします。
(調製タンク25L~14,000Lまで対応実績あり)
  CAD設計
  3D CAD製作
  ユニット配管の設計
  調製装置図面
  調製装置
  タンク検査

培養装置の設計・製作

一般微生物培養から細胞培養までご提案いたします。

排水・不活化処理装置の設計、製作

製薬工程で生じるハザード廃水は適切な処理を必要とします。当社ではお客様が安心して工場から排水できるよう、医薬品工場レベルに対応した排水・不活化処理装置を提供いたします。

計装制御システムの開発、設計

製造工程の要ともいえる計装システムを、それぞれの工程に最適なプランでご提案し、開発、設計いたします。
 

検査及びバリデーション業務

高性能な内視鏡を使い、配管の内部に至るまで徹底的に検査。GMP に適合した製品を作り出す上では欠かせないバリデーション業務を行います。
 

メンテナンス

各設備のメンテナンス業務

① 設備の定期メンテナンス
  安定した設備稼働の維持のため、設備に応じたハード点検、機器動作確認、キャリブレーションをご提案
② 設備の診断

住重アテックス株式会社とのコラボレーションによるメンテナンス業務

 ①3Dレーザー計測
  装置や設備の幾何学的な情報を3Dレーザースキャナによって点群データ(Point Cloud)として取得し、解析を実施します。
 
 ②FCR-デジタル放射線検査
  FCRとは、Fuji Computed Radiography の略で、従来の工場用X線フィルムに代わり、イメージングプレート(IP)を使用し、
  デジタル画像診断を行う放射線検査システムです。
 
 ③フェーズドアレイ-UT(PAUT)法
  ・電子走査により、機械的走査が難しい箇所に対しても検査が可能
  ・すべての探傷波形データを保存することにより、客観的かつ継続的な評価が可能
  ・CAD図をPAUT画像に重ね合わせることで解釈の容易な結果を提供可能
住重アテックス株式会社 https://www.shi-atex.com/
点群データの取得
モデル化
合成・解析・シミュレーション
FCR
配管内残液調査
3Dスキャナ

トップシステムの取り組み

トップシステムは企業として成長していくだけでなく、地域に貢献したい、地球環境に配慮したいなどの思いから様々な取り組みを行っています。

研究開発への取り組み

研究開発参加事業
・平成17年度 四国経済産業局新連携対策補助事業
「水素エネルギーを利用した
省エネルギー型冷凍機等の開発と製造」
 
・平成21年度 ものづくり中小企業製品開発等
支援補助金(試作開発等支援事業)
「麹発酵精製工程の自動化プラント開発による
高付加価値発酵製品の市場投入」
 
・平成22年度 環境省地球温暖化対策技術開発事業
「食品産業における省CO2化の為の廃熱・太陽熱利用
による水素冷水機に関する技術開発

環境への取り組み

ひうち工場に設置した30kwの太陽光パネル
チャレンジ25キャンペーン
「チャレンジ25キャンペーン」とはCO2削減に向けた具体的な行動を提案し、その実践を広く国民の皆様によびかける国民運動です。
トップシステムでは、この国民運動に参画し、地球温暖化の防止に取り組んでまいります。
 

ISOへの取り組み

経営理念
私達は、信頼され、歓迎される製品とサービスを提供し、関係する人々の生活を豊かにし、広く社会
に貢献し続けます。
 
 
品質方針
 
GRAB100(中期・長期経営計画)の目標実現
・一流医薬品製造プラントメーカーとしての基盤固め
・新規事業の開拓(海外事業の立ち上げ、新事業・新商品)
・自己責任企業としての意識改革(マネジメント力の向上)
 
ISO9001の事業・業務プロセスへの統合
1.ISO9001をGRAB100の経営・事業目標達成ツールとして活用し、PDCAサイクルを回し、業務
  プロセス及び業務遂行力の有効性を評価し、継続的に改善していきます。
2.顧客の期待やニーズを理解し、顧客に満足される製品・サービスの提供に社員、協力員、協力会
  社の総合力を結集し、取り組んでいきます。
3.GRAB100の経営・事業目標を品質目標とし、目標達成のための課題・方策展開を方針管理(ア
  クションプラン)として全部門で取り組んでいきます。
4.社内外の状況の変化、社内外関係者のニーズと期待にアンテナを張り、GRAB100及びTMSの改
  善に努めていきます。
 
考働指針
 
-品質は人-
私たちは、自らの仕事の質が製品及びサービスの品質に重要な影響を与えることを自覚し、質の高い
技術・要求を習得し、行動することで顧客満足向上に努めます。
 
-改善は義務-
私たちは、常に顧客や市場、パートナー等の外部環境や、新しい技術や方法論等の内部環境の変化にあわせ、より高い効果、効率を考えたうえで仕事を見直し、継続的な改善を行います。
 
-統合と連携-
私たちは、法令遵守の下、営業、技術、財務要因、その他すべての要因を常に統合して考え、さらに創造力と努力によって高いレベルで連携させることにより、より高い品質の製品とサービスを提供し続けます。
 
考働とは
価値あること、即ちより多くの人の役に立つことを常に考えながら、知恵を出し、それを即実行することである。
 
この品質方針を全社員一丸となって実行する事をここに表明します。
TOPへ戻る